2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

lucky pig


  • ラッキーピグ
    世界のお守りブログパーツ
無料ブログはココログ

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

バラ、いただきました

Img_1314_2 先日、お客様からかわいらしいバラの花束をいただきました。あ~、いい香り。

 花をもらうなんて何年ぶりのことでしょう。最後に花束をもらったのがいつだったのか、思い出せませ~ん。しかし、うれしいものですね。

 そう言えば、最近、お花を買っていません。わけあって、店先に置く寄せ植えもほったらかし。いけない、いけない。

 昨日に続き、今日もあたたかい一日になりました。春はもうしばらく先ですが、春物商品の入荷は始まっています。サイトのアップも始めなくては、ですね。

紙のお話

紙に関するお話の続きです。

 突然ですが、Windowsが発売され、圧倒的な勢力を広げると同時にやってきたパソコンの普及の頃、90年代ですが、皆さんは覚えていらっしゃいますか?当時は、パソコンの中に大量のデータが保存できますし、Windowsがあればメーカーの違うパソコンであっても、データの共有も可能なため、ペーパーレス時代になると言われていました。何せ、ワープロのフロッピィディスクでさえ、初期化したときの端末のメーカーでないと、互換性がなかったのですから、画期的なできごとでした。

 ところがどうでしょう?ペーパーレスなんてとんでもない!家庭にもプリンターが普及し、消費される紙の量は増えるばかりです。あまり必要のないものでも、結構気軽に印刷しては、失敗し、また印刷して・・・・・なんてやってますよね。

ちなみに、日本のコピー用紙の輸入量は、2004年のデータで39万7000トン。国内需要の約3割に相当します。1996年には2万6000トンだったのですから、わずか8年で15倍以上増えています。さて、このコピー用紙はどの国からやってくるのでしょう?

大人になるって

 このところ本当に寒いですね。寒いというより、冷たい。先日は、ここ静岡にも雪の天気予報が出ました。ほとんど雪が降らない土地柄、やっぱり雪と聞くとわくわくします。

 以前、東京に住んでいた頃、雪が降るとうれしくてうれしくて、夜、誰もいない公園に出かけては、雪を触ったり丸めたり投げたり、上を向いて口を開けたり(笑)、疲れると降り積もる雪をじっと眺めては、楽しんだものです。通りがかりの方が見たら、きっと首をかしげたことでしょう。

 が、大人になるとそうそう単純に喜んでばかりもいられません。雪に対して完全に無防備な生活をしていますから、車のスタッドレスタイヤなんか用意してません。雪かき用のスコップだって、長靴だってありませんよ。全く身動きができなくなってしまいます。大体、息子をどうやって学校まで行かせたらいいのか?それは困る!

   

  

あーーー、大人になるって、つまらない。

   

   

 大人になってつまらないことを、もうひとつ。それは、『ドラえもん』を観ていて思うこと。子どもの頃は、ドラえもんが大好きで、あんなことこんなことできたらいいなと、真剣に考えていました。

 それなのに、今では、のび太の他力本願さに、腹が立つんです!自分のだらしなさを棚に上げて、人のせいにして、すぐドラえもんに頼る。大体ドラえもんも甘い!のび太のママが怒る気持ちがよーくわかるんです。わかってしまうんです。

   

   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  悲しい、大人になるって。

古紙

 年賀はがきの『再生紙』の表示、いい加減だったんですね・・・・・。だまされた気分です。しかも、企業の責任者の口調を聞くと、口に入れる食品に関する偽装でもあるまいし、世間は何を騒いでいるんだ、とでも言いたそうです。要求される品質に応えるためには、古紙の割合を減らすしかなかったそうですが、古紙を最大限利用して環境保護に力を入れているという看板を大きく掲げている限りは、品質の改善に向けて工夫と努力をする姿勢が必要だったのではないでしょうか。企業には社会的な責任があることを今一度自覚してほしいです。

 この地域では、古紙回収の際、新聞やダンボールの他に、雑紙という分類がありまして、お菓子の空き箱やレシート、タバコの箱などまでまとめて出すように、市が積極的に働きかけています。わたしも、個人情報にかかわるもの以外、せっせと紙袋の中にためています。もちろん、牛乳のパックもきれいに洗って出しています。

 当たり前のことなのですが、リサイクルは古紙を出すだけでは『輪』として完成しません。古紙を使っている製品を買うことも、輪をつなぐ重要なことなのです。わたしは、トイレットペーパーは必ず古紙を含んだものを選んで買っています。たまたま立ち寄ったスーパーにパルプ100%のものしかなかったときは、面倒くさくても次の店に行きます。お値段はパルプ100%の方が確かに安い。でも、この数十円単位の差で息子が飢えることはまずありえません。それに、古紙を出すだけ出して、再生品を買わないのは無責任です。フェアトレードも同じで、消費者が買い支えていかなければ、製紙会社は古紙の使用をやめてしまうかもしれませんし、スーパー側はいい商品であっても売れなければ取り扱いをやめてしまいます。

使い心地だって、わたしがデリケートではないせいか全然気になりませんよ。

 企業と消費者は持ちつ持たれつの関係です。だからよけいに腹が立つんですね。欺くという行為自体が。

 紙については、まだまだ気になるお話がありますので、また次回。

ヘナ

 昨夜、久々にヘナで髪を染めました。2~3ヶ月ぶりでしょうか。

 しばらくサボっていたのはわかっていたのですが、先日、明るいところで鏡を見たら、頭のてっぺんの辺りの白髪がすごーく目立ってきていまして・・・・・。あーあ。がっくり。何せ苦労の絶えない身の上(笑)。白髪も増えるってもんです。

 ヘナは、北アフリカ、インド、中東など、乾燥地に育つ生命力の強い植物です。頭髪のトリートメント、白髪染め、マニキュア、布の染めなどに、紀元前から使われているそうです。

 最近大いに注目され、ドラッグストアでもヘナの毛染めやヘナシャンプーを見かけるようになりました。中には、ヘナと書かれていても化学染料を使っているものもあるらしく、トラブルになり、消費者センターへの相談件数も増えているとか。

 ア・テ・スエ!で取り扱っているヘナは、乾燥させて粉末にしたヘナ100%。明るいオレンジに近い茶色に染まります。そうなんです。市販の白髪染めなら、様々な色が出せますが、ヘナは天然のものなので、色は大体決まっています。そのため、もう少し落ち着いた色を出したいときのために、その他の植物を混ぜたものも販売しています。それでも、バリエーションはせいぜい3種類です。

 でも、ヘナで髪の毛を染めると、気分がよくなるんですよね、なぜか。アミノ酸シャンプーで洗うだけで、リンスもトリートメントもしていませんが、ヘナを使い始めて数年。髪の調子も特に痛んでいるようには見えません。いい感じです。それに、何ヶ月か染めるのをサボっても、染めた部分と伸びた白髪の部分の差がわかりづらいので、わたしのような面倒くさがりにもぴったり。

 植物だから、頭皮やおでこ、指についても平気だし、排水溝に洗れていく水を見ても安心です。ただし、植物アレルギーのある方は、事前にパッチテストを行うことをお勧めします。

 Img_1308

こうやって見ると、きれいに染まったなと思いながらも、こんなに白髪があるんだと改めて認識して、うれしいやら悲しいやら・・・・・。

ヘナはこちらでご案内しています。http://www2.enekoshop.jp/shop/atessouhaits/item_list?category_id=6089

サッカー

 ううーん。残念。

 高校サッカー決勝戦で、地元の高校、藤枝東が負けてしまいました。応援してたんだけどな・・・・・。店の前を、藤枝東の学生さんが、朝夕自転車で通りますし。静岡勢が決勝に進むのも本当に久しぶりのことなので。

 しかし、相手チームの得点を一度もリアルタイムでは観てないんですよ。もちろん今日も仕事なので、手が空いたときにテレビを観にいくのですが、なぜか観ていないときにばっかり得点されてました。ってことは、このわたしが最初っから最後まで、テレビの前にいたら、得点されなかった?     ・・・・・あきらめが悪いですかね。

 明日の夕方、駅前から藤枝東高校に向かって、選手のパレードがあるそうです。もちろん、ア・テ・スエ!の前を通りますから、手振っちゃおうかなと楽しみにしています。

選手の皆さん、お疲れ様でした。

サイコロころころ

 皆様、あけましておめでとうございます。良い新年をお迎えになりましたか?2008年でございますよ~。今年も、どうぞ、よろしくお願いいたします。

 ア・テ・スエ!は昨日が初売り。おかげさまで、朝の開店から夕方の閉店まで、ずーっとお客様がいらしてくださいました。ありがとうございました。久しぶりのお仕事で一日立っていたせいか、年末年始のだらけた生活がたたったせいか、夜には足が痛くなりました。

 ア・テ・スエ!のお正月と言えば、恒例なのが、20面体のサイコロなんです。何年か前に、ドイツのおもちゃを扱っているお店で見つけました。転がり具合が実にいいんですね。一緒に買った8面体のサイコロは、あまり転がらないのでおもしろくないのですが、20面体は、いい。何度転がしても飽きがこない。何かに使えないかなと、買っておいたのですが、しっかり役に立ちました。

 お会計の際にサイコロをふっていただいて、出た目の数のパーセント分だけ割引をしています。運だめし、ですよね。どきどきしますよね。もしかしたら、「1」が出るんじゃないか、とか。「20」が出ちゃったらどうしよう、もっと買っておけばよかったかしら?とか。

 「20」は出るようでいて、出ない。出ないようでいて、出る。そんな感じです。実際、昨日は「19」を出した方は何人もいらしたのですが、「20」は一度も出ませんでした。残念。さーて、今日はどうでしょうか?明日(5日)まで実施しています。是非、店頭にも足をお運びください。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »