2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

lucky pig


  • ラッキーピグ
    世界のお守りブログパーツ
無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

イベントのお知らせ

 そろそろ秋のイベントシーズン。10月、11月の予定がほぼ決まりましたので、お知らせします。

まずは、お招きいただくようになって、今年で3回めの、

 はあとふるyaizu2008

10月5日(日)12:00~16:00 焼津市文化センター (入場料200円)

イラン、ブラジル、ネパールなどの世界の料理を試食したり、ダンスを楽しんだり、マイ箸を作るコーナーもあります。例年は、年末に行われていたのですが、今年は文化センターの改修工事があるとかで、10月の開催です。時期的にチョコレートをお持ちできないのが残念ですが、とても楽しいイベントなので、今から楽しみです。

 

 『フェアトレードショップ大集合』

 10月4日(土)13:00~16:30 

 東京ウィメンズプラザ・ホール(地下鉄「表参道」駅から徒歩7分)

 こちらは、パネリストとして、シンポジウムに参加してきます。わたしのようなフェアトレードショップのオーナーさんが5名ほど集まり、それぞれの日ごろの取り組みについてお話します。また、拓殖大学の長坂教授による基調講演「日本のフェアトレードの展開とショップの役割」も行われます。お近くにお住まいの方は是非!

 

 11月にも2件予定が入っております。詳細がわかり次第ご報告します。

 

あら、やだ、そんな

 先日、ジフン君がかっこいいと鼻息荒く書いたところですが、未だに、寝ても覚めてもの状態でおります。どうしてあんなにかっこいいんだろう?もうすでに何度も観たDVDを、毎晩また繰り返し観て、はぁ~っとため息をついています。昨夜などはやめるにやめられず、結局今朝5時まで観てました。しかし眠くもならず、逆に目がらんらんとしているようです。

 なぜ、今、この年になって、特定の芸能人にはまるのか?

 全然わかりません。

 さて、わたくし、調子に乗って韓流のスターが出てくる雑誌を、バックナンバーを含め、数冊買いましたが、どうも違和感が・・・・・。スナップ写真に近いものならいいのですが、びしーっと格好つけてポーズをとっているような写真を、直視できないのです。ほら、バラの花持ってたり、流し目だったり、うっとりするような目つきだったり。

 なんだか                                 きもちわるい。

 以前、美容院で男性向けのヘアカタログを見たときも、そうでした。素人さんなのかプロのモデルさんなのかはわかりませんが、できたての髪型でキメている若い男性が最初から最後までずらーっと載っていました。男のナルシズムが、どうも生理的に受け入れられないようです。女性のモデルさんだったら、何とも思わないんですが。

 

 思い起こせば、芸能人がわんさか出てくるような雑誌を買うのは、『明星』『平凡』以来かと・・・・・。(お若い皆様、ご存知ないでしょうねぇ)慣れてないんですねぇ。普通の方々なら、きっとこういう写真を喜ばれるのでしょう。

 せっかく、ヒョンビンもソ・ジソプも出てくるというのに、ページを開けられない。いや、表紙すら見ることができない。そんな毒にあてられたような状態です。ごく普通の写真で充分じゃないですかっ!

 でもって、やっぱり今後雑誌はあきらめて、DVD(つまり映画・ドラマ)のみで韓国の流れを引き続き応援しようと思うのでした。

 

 

寝ても覚めても

 いよいよ9月です。お天気が不安定ですね。朝も結構な勢いで雨が降り出しましたが、今は晴れています。

 お盆の頃から夕方になると赤トンボを見かけるようになり、季節の変化を感じていましたが、まだまだ残暑は厳しそうです。

 季節とは全然関係ない話になりますが、前にも書いたことがあるとおり、わたしは海外ドラマを観るのが大好きで、DVDを借りたりインターネットで探したりして楽しんでいます。主にアメリカのドラマが好きなんですが、韓流の波が押し寄せる時期がありまして・・・・・。ただそんなにハマるほどではなかったんです。

 確かに、『冬ソナ』は数年前に観ました。ブーム到来と聞いて、半分バカにしていましたが、大変いいお話でした。でも、特にヨン様が好きなわけでもなく、どちらかというと、イ・ビョンホンの方がいい男ではないかと、続けて彼の出演したドラマを鑑賞しました。以降、『わたしの名前はキム・サムスン』のヒョン・ビンや、『わたしの頭の中の消しゴム』のチョン・ウソンや、忘れてならないのは『ごめん、愛してる』のソ・ジソプなど、素敵だなぁと思う俳優さんはいたのですが、ファンになるというか夢中になるというか、そういうことは一切なかったのです。

 ところが、前置きが長くなりましたが、とうとう、『キターッ!』(すでに古いか?)、キテシマッタ! そんな俳優さんが現れました。ど、どうしよう。

 チュ・ジフンという人なのですが、ご存知の方、いらっしゃるでしょうか?『宮』の皇太子役で出ている人なのですが、素敵なんですよheart02 何が素敵かというと、切れ長の目が印象的で、高い身長、美しい後姿。自分でもこんな好みだったのかと意外ですが。あの寂しげな目を見ると、きゅんとしていまいます。『魔王』(現在、日本版のドラマも放送中ですが、雲泥の差です)でも最高に切なくて、格好よかった。

 こんな気持ちを誰かに伝えずにはいられなくなり、一番身近にいる息子に、

「ね、ね、この人、素敵でしょ?」

「あー、おまえもこんな格好いいお兄さんになって~」

と、しつこく言いましたら、

「大体ね、お母さんは、もこみちみたいになれとか長瀬くんみたいになれとか、前にも言ってたけど、自分の姿、鏡で見たことあるの?」

と、一蹴かつ一笑されました。

  

  

 確かに。

  

 ジフン君のプロフィールを見ると、わたしの子どもだとしてもおかしくない年齢でございました。しかし、しかし、それでも熱は冷めることなく、現在、写真集を購入しようか、それとも『宮』のディレクターズカット版DVDを購入しようか、amazonの画面をながめているところです。

 あ~、彼がもっとたくさんのドラマに出演してくれないものでしょうか。

 ちなみに、韓国のドラマは、本当はコミカルなものの方が好きです。重たい内容のものはどこまでも重たくて、入り込みすぎてしまうので、笑えて楽しいものの方が気楽に観られて、いいです。

 

 

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »