2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

lucky pig


  • ラッキーピグ
    世界のお守りブログパーツ
無料ブログはココログ

« 夏だカレーだっ | トップページ | 雷 »

行ってきました、ラポールさん

   先日、ラポール安倍川さんへお邪魔してきました。

藤枝から出発すると、バイパスを丸子で下りて国道一号線に合流してから、

途中旧道にそれて安倍川を越えたら、すぐ左手です。

ほら、右側には安倍川もちのお店が、あるでしょ。その反対側、です。

とは言え、出発前に地図を見て、見当をつけていたのはもう少し違う場所

だったので、かなりの時間をロスしてようやく到着。すみません。

 中に入れていただくと・・・・・

うわー、みんな織ってます!

Img_2825_convert_20110729103542

変な表現?

でも、機織り機がたくさんあって、本当にみなさん織ってるのっっっ。

 自分では何もできないのに、やたらと織物が好きなわたし。

機織り機を見ただけで感動なのに、目の前でぱたぱたぱたんと織る様子を

見せていただくと、さらにじわーーんと心の底から温かくなってきます。

Img_2824_convert_20110729131444 ←こちらは縦糸を通しているところ。

実は、一本抜けてしまったところを探しているところだそうです。

この機械に縦糸を通すだけですべての工程の3分の2の時間と労力が

必要だそうで、実際に織り始めるまでが大変なんですね。

 

 ア・テ・スエ!で人気のふとんの側生地を使った裂き織りマットが

作られる工程をご紹介します。

①側生地についたほこりをガムテープなどで丁寧に取る。

②細く裂いて、アイロンをかけます。

Img_2822_convert_20110729102111_2

Img_2821_convert_20110729101911 ←こんな感じに仕上がります。

④裂き織りマットの場合、機織り機は使いません。

Img_2823_convert_20110729102228 木の枠に、たこ糸で縦糸を通し、そこへ先ほどの

細長くした側生地を通していきます。気が遠くなるような作業で、かなりの

根気がいるのではないでしょうか。

ちなみに、画像のマットは7月5日から作業しているそうです。

Img_2826_convert_20110729102331 2~3段通したら、ぎゅぎゅっと押し込みます。

Img_2827_convert_20110729132721_3

⑤上の画像にもある端糸の処理をします。

 

 なんて、簡単にすらっと書いてしまいましたけど、一枚のマットを仕上げるまでに

もっともっといろんな作業が必要だということは、

きっとおわかりいただけたのではないでしょうか。

 

 大騒ぎでお邪魔して、本当にお邪魔だったのだと思いますが、

それなのに、皆さんに歓迎していただき、うれしかったです。

いろんな仕事や、たくさんの作品を見せていただきました。

ありがとうございました。

 

 

また、遊びに行ってもいいですか?

 

« 夏だカレーだっ | トップページ | 雷 »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395326/41002298

この記事へのトラックバック一覧です: 行ってきました、ラポールさん:

« 夏だカレーだっ | トップページ | 雷 »